新型コロナウイルス感染防止に関するお願いと対応について

当クリニックの取り組みについて
 感染防止対策を徹底するため、厚生労働省ほか関係省庁の通知、関連学会の見解等を踏まえ、健康診断実施機関として適切な感染症対策を行います。
 いわゆる「3 密」(密閉・密集・密接)を避け、3 つの密のそれぞれを可能な限り回避することにより、受診環境の確保に努めます。

人間ドック・健康診断を受診される皆様へ
 感染拡大の状況に鑑み、以下の条件に一つでも該当する場合は、健康診断の受診を見合わせていただいております。
 受診日の変更は体調が完全に回復されてから2週間後以降にお願いをしています。
 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

①2週間以内に、37.5℃以上または平熱より高い熱の症状があった方
②喉の痛み、咳などの風邪症状、嗅覚(におい)の低下、味覚(あじ)の低下といった症状のある方
③2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある方との接触歴がある方
④2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴や、それらの方と家庭や職場等
 で接触歴のある方
⑤マスク未着用の方

 高齢者と持病のある方は、新型コロナウイルス感染症で重症化しやすいといわれています。
 感染状況によりご心配な方は、かかりつけ医にご相談の上、受診されることをお勧めいたします。

中止している検査
 感染防止対策として、肺機能検査(スパイロメーター)を中止しています。

 ・入口
 受診される方全員に対し、手指のアルコール消毒をお願いしています。

 ・受付
非接触型体温計での検温を実施、体温が37.5℃以上の方は受診を見合わせていただきます。

 ・事前の問診
体調不良の方は受診日を変更させていただきます。
受診日の変更は体調が完全に回復されてから2週間後以降にお願いをしています。

 ・施設内
飛沫防止シールドシートを各所へ設置しています。

待合の座席は、密集を避けるため、間隔を空けてご利用いただきます。

待合スペース、更衣室、ロッカーの定期的な消毒をしています。
検査機器などは、検査毎の消毒をしています。
ドアノブなど接触の可能性のある場所の近くに手指消毒機を設置しています。
健診中も適宜手指消毒をお願いします。
低濃度オゾン装置、空気清浄機、サーキュレーターの設置、換気の徹底を心がけています。

スタッフへの取り組み
 毎日(朝・夕)の検温など適切な健康管理を実施しています。
 サージカルマスク・フェイスシールドの着用、手指衛生を適切に実施しています。
 職員が身体の不調を訴えた場合に適切な対応を講じています。
 必要に応じて、新型コロナウイルス抗原検査を実施しています。
 ご利用いただく皆さまに、安心・安全を提供できるよう、スタッフ一同、細心の
 注意をもってお迎えいたします。
 ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

新宿野村ビルメディカルクリニック 院長

PAGE TOP